地デジ移行後に視聴料は掛かるのか 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジ移行後に視聴料は掛かるのか

地デジ放送に移行されれば視聴料が請求されるのではないかと心配されている人もいるのではないでしょうか。


視聴料といえば今まではNHKだけで、民放については無料で視聴できていました。地デジ放送に移行されてもそのシステムは変更されることはありません。


地デジ特有の双方向サービスを利用する時は1回10円など掛かることもありますので注意してください。また、CS、BS、ケーブルテレビは地デジへの移行後も変わらず、契約料、毎月の基本料金、各有料番組の視聴料などの支払いが必要です。


CS、BS、ケーブルはそれぞれに特徴があり、料金設定も違います。CSデジタル放送はスカパーとして馴染まれています。初期費用と毎月の基本料金が必要です。CSデジタルでは様々なジャンルの番組から好きなものを好きなだけ契約できるのが特徴です。加入者も多く、パックになったお得な料金のシステムも用意されています。BSデジタル放送も、加入料と毎月の視聴料が必要です。


ドキュメンタリーやスポーツ、映画といった色々なジャンルが揃っており、映画が好きな人に好評なのがスターチャンネルという映画を専門的に放送する番組やWOWOWといった人気番組も揃っています。ケーブルテレビは、初期費用や毎月の基本料が掛かり、比較的高いといわれています。


しかし、ケーブルテレビの特徴で、新たに受信用チューナーや地デジ対応テレビを購入しなくても見ることができるのです。また、CSにBS、地デジ放送やケーブルテレビ独自のチャンネルと幅広く取り揃えられています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン