地デジ放送での国民の負担 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジ放送での国民の負担

地デジ放送は様々な楽しい情報やサービスの利用ができ、高画質で高音質な放送が楽しめることが期待されています。しかし、地デジ放送はメリットばかりではなくデメリットもあるのです。


デメリットとして一番の問題は、地デジ導入には各家庭で費用の負担が掛かることです。地デジ放送を受信するためには、地デジ対応テレビやUHFアンテナの設置、録画のできるDVDレコーダーやBDレコーダーの購入も必要です。


もしも、現在使用中のアナログテレビを使い続けることもできますが、その際は地デジの受信用チューナーを設置する必要があります。各家庭の状況によって違いはありますが、関連機器の購入には10万円ほどの出費が必要とされます。


そして、アナログ放送では電波が弱くても受信しテレビを見ることができていました。しかし、地デジ放送は一定量の電波がないと受信されないためにテレビを見ることができないのです。地デジ放送は、高品質な映像が楽しめるか、全くテレビを見ることができなくなるかのどちらかに分かれてしまいます。


どんなに高いお金を払って最新の設備を備えたとしても電波の受信ができず地デジ放送が見られないという結果になってしまっては元も子もありません。地デジ放送の導入は、国が決めた方針です。しかし、地デジ導入のための費用は国民自らの負担になってしまいます。


なぜ、不要な出費を強制してまで地デジの導入が必要なのかと反対の意見もあり、地デジ放送に完全以降してからはテレビを見ないという意見も少なからずあるのが実情なのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン