地デジ移行に関する問題点 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジ移行に関する問題点

地デジには、テレビを見る楽しみを増やしてくれる、便利な機能がたくさんあり、次世代放送サービスとして期待されています。しかし、問題点があることも事実です。


視聴者側の不満を解消するために、受信費用が視聴者負担になる可能性があります。地デジは政府主導で導入が決定し、進められていますが、導入費用を一方的に国民へ押し付けた形になり、政府に対する不安感を抱いている人は少なくありません。


個人が負担する費用は、最低でも数万円、高品質な環境で地デジを楽しもうとするならば、数十万円の費用が必要になります。しかし対応しなくてはテレビが見られなくなるという問題があります。


また、たくさんの費用と手間を掛けて、地デジを受信するための準備をしていても、電波が届かず受信が出来なくなることもあります。電波を日本のすべてに送信することは出来ないとされているので、受信不可能な地域が残るといわれており、全世帯で視聴可能な状態を作るための対応も不十分であるという問題があります。


環境の観点からも問題が出てきています。地デジに移行されてしまうと、アナログテレビは受信するための周辺機器をそろえない限り、使用できなくなります。そのため、地デジ対応テレビへの買い替えをする世帯が多く、不要になったアナログテレビが廃棄処分されます。リサイクルが適正に行われるか、不法投棄が増えて環境汚染につながらないかという問題点が指摘されています。


他にもアンテナやチューナーの品薄状態や、工事担当者の人員不足などが問題になり、完全移行日間近には、混乱が起こることも予想されています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン