地デジの双方向サービスを活用しよう 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジの双方向サービスを活用しよう


双方向サービスとは、通信回線によりテレビ局と自宅のテレビをつなぎ、情報をやりとりさせるもので、地デジの新しい機能として注目を集めています。


例えばテレビショッピングでは画面上で商品を確認しながら同時に注文をしたり、情報番組のアンケートに答えることができたり、クイズ番組で、番組内で出題されたクイズにリアルタイムで参加するといった利用法が挙げられます。


テレビ局側は視聴者の生の声をダイレクトに受け取ることでより旬な番組づくりに反映させることができ、視聴者側からはデータ通信を利用することで欲しい情報がすぐ手に入るといったメリットがあります。

地デジの場合、すべての作業が手元のリモコンで簡単に送受信ができるしくみになっていますので、アナログ放送の時のように視聴者側からファクスを送信したり、携帯やパソコンのウェブサイトにアクセスするといった手間がかかりません。


双方向サービスを自宅で利用する場合の通信料は全国一律で約10円と定められており、地デジ対応機器をインターネットもしくは電話回線と接続する作業が必要です。


電話回線の使用時や、通信回線をめぐる環境の相違などの理由で使用できなかったり、2台同時に地デジ双方向サービスには参加できないなどの注意点もありますので、あらかじめ自宅の機器と接続回線のチェックをしておくとよいでしょう。


インターネットが普及しつつある昨今、地デジの双方向サービスは今後もさまざまな形で活用されていくのではないでしょうか。


ハードディスクのトラブルならこちらのサイトもご覧ください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン