地デジに関する専門用語の解説 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジに関する専門用語の解説


地デジについての情報を調べていると、難しい専門用語にであいます。専門用語がわからなければ意味がわからなくなってしまいますので、少し説明してみましょう。地デジへの移行時期が迫ってきたころ、D端子が付いてるテレビを購入することが勧められました。


D端子とは、Dの形をしていることからその名がつけられ、ビデオとテレビをつなぐ規格このことです。D端子はアナログ方式をとっており、デジタル式となった今はHDMI端子が主流になっています。


HD画質もよく出てくる言葉です。HD画質とはハイビジョン高画質のことです。通常の画質はSD画質といいます。地デジを見るときには、BERに注意が必要だといわれます。


BERとは、ビット誤り率のことをいい、受信品質のひとつです。地デジは著作権に関する専門用語も多数使われています。広く知られているものに、コピーワンスや、ダビング10がありますが、それ以外にも関連用語がいくつかあります。


まず、コピーフリーはコピー制御情報(CCI)で、複数回のコピーが自由なものをいいます。それに対して、コピーネバーはコピーが禁止されているものをいい、ノーモアコピーは、一度録画すると、再度コピーすることが出来ないことをいいます。


また、地デジの番組のダビング方法として、コピーとムーブがあります。コピーは複製なので、ダビングしても元の映像は残ります。しかし、ムーブは番組の移動なので、ダビングすると元の画像は消去されてしまいますので、その二つの違いに注意し、使用数機器やメディアを確認しましょう。


他にも地デジにはさまざまな専門用語が登場します。わからない言葉があれば、そのつど調べておくと安心です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン