地デジとワンセグについて 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジとワンセグについて

地デジのサービスのひとつに、ワンセグ(1seg)というものがあります。ワンセグは、携帯電話やカーナビなどの移動身体端末向けの機能です。ワンセグ機能がついた携帯電話は、屋外でも移動中でもテレビ番組が見られるので、人気を集めています。


通勤や、通学中でも、地デジを視聴することができ、通信機能でニュースやスポーツの結果、天気予報などの情報を見ることが出来たり、双方向サービスを受けることが出来ます。地デジとワンセグは同じデジタル放送が楽しめますが、ワンセグには地デジに欠かせないB-CASカードが不要です。


デジタル放送の帯域は13のセグメントに分かれており、そのうちの12を地デジに使用し、ワンセグは、その残りの1つのセグメントを利用して映像や音声を伝えています。


地デジよりも画質が劣ってしまうために、大画面向きではありませんが、今までのアナログ式よりも移動中のノイズが少なく、利用範囲が広いことから、今後の携帯電話はワンセグ対応が主流になると見られています。


車のカーナビにもワンセグが有効に使用されています。地デジチューナー内蔵のワンセグ対応ナビゲーションシステムは、交通情報や災害情報を、ナビシステムを使用しながらでも得ることが出来ます。もちろんテレビも見ることが出来ます。


自宅では地デジ対応テレビで、外出先では便利なワンセグで、見たい番組を見たり、得たい情報を得たりと、状況に合わせて楽しく使い分けてみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン