地デジアンテナの違い 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジアンテナの違い

地デジUHFアンテナにはいくつか種類があり、ざっくり分けると屋内用と屋外用にわけられます。自分の家に合ったアンテナを選んで設置するようにしましょう。賃貸住宅にお住まいの人であれば、地デジアンテナを設置してOKであるかどうかの確認をすることが大切です。


設置場所がアンテナの重みに耐えることができるかも確認しておかないと、思わぬ事故につながります。設置後も器具の緩みなどを定期的に確認することで、安全で快適な地デジ生活を送ることができるでしょう。


地デジの受信地域もチェックしておきましょう。電波状況によっては地デジが見られないというトラブルも起きかねません。電界強度が60dbより下になっているエリアでは、弱電界地域として地デジの受信ができないこともあり、安定した画像を観るためにもエリアチェックは欠かせません。


別名「八木・宇田式アンテナ」と呼ばれる屋外設置専用アンテナは、受信感度の高さが特徴です。このタイプの地デジアンテナは、設置場所が広い場所であることが求められ、だいたいが戸建住宅の屋根に設置されることになります。


1メートルを超えるサイズになるのですが、受信性能が非常にいいというメリットもあります。受信環境を優先するのであれば、屋外型の地デジアンテナがいいでしょう。


屋内型の地デジアンテナはどうでしょう。電波がまあまあ届く超強電界地域と呼ばれる強度80db以上に有効で、それによって室内で地デジが見られます。屋内型のメリットとしては、屋外型に比べかなり小型で卓上に置くという気軽さが挙げられます。


放送等などが近い家に住まわれている方におすすめのタイプで、屋外兼用のタイプもあるそうです。その他にもベランダ型の地デジアンテナは集合住宅向けとされています。手すりなどに設置することができ、簡単に地デジの準備ができるのが特徴です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン