地デジに必須のB-CASカード 〜 地上デジタルとブルーレイ

main_top_over_navi
main_top

地デジに必須のB-CASカード

地デジを見るのに不可欠なのが、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズという株式会社が発行しているB-CASカードです。B-CASカードの名称はこちらの会社名「BS Conditional Access Systems」の頭文字をとったものです。


デジタルチューナーや地デジ対応テレビはこのICカードがないと視聴できないしくみになっていて、有料放送の視聴や著作権保護のために用いられています。B-CASカードはコピー制御信号を混ぜて暗号化されているデジタル放送の暗号を解除する役割を担っているのです。


B-CASカードは貸与品とされていて、地デジ受信機を利用しなくなった場合にはB-CASカスタマーセンターに連絡して返却する義務があります。しかし、地デジ受信機そのものがレンタルの場合は本体ごと返却されますので、手続きは不要です。万が一使用中にカードに何らかの不具合が生じたり、紛失した場合などは、有料で再発行することになりますので、丁寧に扱うように心がけましょう。


地デジ放送受信機にB-CASカードが同梱されていますので、受信機のスロットと呼ばれるカード挿入口にさしこんで使いましょう。B-CASカードが本体にあらかじめ内蔵されている場合、この作業は必要ありません。


受信機の種類によってカードの色が違っていて、赤色のB-CASカードはBS・110度CS・地上デジタル共用受信機用、青色のB-CASカードは地上デジタル専用受信機用、オレンジ色のB-CASカードははケーブルテレビ用セットトップボックスと区別されています。それぞれ、カードと受信機の組み合わせを変えてしまうと使用ができなくなっています。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 地上デジタルとブルーレイ All Rights Reserved.

合コン